manmi_vineyard


映画『Life is beautiful』の街-カスティリオン・フィオレンティーノ-

カルロ・タンガネッリは、トスカーナのアレッツォ県、キャンティーとモンテプルチアーノに挟まれた
トスカーナ農業の伝統が豊に息づく中世の街、カスティリオン・フィオレンティーノにある1700年前から続く小さな藏です。
ここ、カスティリオン・フィオレンティーノでは、古代ローマ時代からトレッビアーノを生産しているエリアでしたが
コルトーナDOCが認定されると、シラーに転換する生産者が増え、トレッビアーノの生産者が激減したのです。

そんな中、『トレッビアーノは、エトルスキの人たちからローマ帝国の時代を経て、ずっと白ブドウの地域なのです。
そうやって、4000年という長い時間造られ続けてきたのには理由があると思うのです。』と
5代目のマルコ・タンガネッリは話します。

marco_vineyard


海からの海風と山からの山風により寒暖の激しいミクロクリマが、香り高く酸のしっかりした素晴らしいトレッビアーノを生むのです。ガレストロと呼ばれる石灰岩と泥灰岩の混じった土壌はトレッビアーノに最高の土壌なのです

grapes_shiny


マルコはワインはもちろん、野菜・ハーブ・オリーブオイルや蜂蜜作りもビオロジックで行い、
自然環境に配慮して作っています。ビオロジックの畑に、鳥の巣を設置し様々な鳥を呼び寄せています。
カルロ・タンガネッリでは、鳥達は害虫を食べてくれ、ブドウを守る仲間としてとても大切にしています。

josko_anfora

トレッビアーノの伝統製法

『いいトレッビアーノはマセラシオン(果皮浸漬)をしていたという昔から行われていた伝統がある』
マルコは、トレッビアーノの美味しさを最大限に抽出するために、収穫を10月中旬頃に皮が強く厚くなった完熟の状態で行います。そしてマセラシオンすることで、皮のタンニンと旨み、深い味わいが楽しめるトレッビアーノになるのです。
発酵は、ブドウについている自然酵母だけで行い、熟成に関しても無理な手を加えずに、時間をかけてゆっくり熟成させます。 熟成はフランス産トノーからスロヴェニア産の大樽を使用しています。バリックは木の特徴が出過ぎてしまうので、使用しないこだわりを持っています。

josko_vineyard


そんなこだわりのワインボトルにはかわいいアヒルの絵が描いてあります。このかわいい絵はマルコの娘、コンスタンツァが
4歳の頃にワインの香りをかいで、家の裏にいるアヒルの水浴びするような場所がイメージされ、アヒルの絵を描きました。
その絵があまりにも上手だったため今のラベルが登場したのです。

josko_vineyard


josko_vineyard



ワイン造りに大切なことは「情熱」「魂」「歴史」であるとマルコは言います。
「この地で生まれ、この地で育った私にとって、この地でワインを造ることは幸せなことです。
毎朝起きて農作業することが楽しくてしょうがないのです。」

josko_vineyard


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています
SHOPPING
ワイン
グラス
オリーブオイル
Pranaシリーズ
food
ファッション
catenaオリジナル
新着商品
再入荷商品
オススメギフト
限定商品
SEARCH
産地で探す
ワイナリー
READING
Photography
カテナの食卓
カテナな旅
美味しいレストラン
素晴らしいつくりて
カテナな企画
INFO
会員登録
ログイン
ご利用ガイド
お問い合わせ
OWNER
宮田 理恵 写真
宮田理恵 <Rie Miyata>

ワインソムリエ
オリーブオイルソムリエ
フードコーディネーター


人と人をつなぎ、
想いもしっかりとつないでいく
届けたいコトモノ達
未成年者への酒類の販売はお断りしております